シッポゴケの育て方と特徴|栽培に必要な環境(光量・気温・湿度)と水槽(テラリウム・ボトル)への適応度



シッポゴケの育て方と特徴について解説するとともに、栽培に必要な環境(光量・気温・湿度・土質)および水槽(テラリウム)や苔ボトルへの適応度についてもご紹介します。
シッポゴケ目(Dicranales)は、蘚類の目。世界に13科ほどが知られている。引用︰wikipediaシッポゴケ

シッポゴケの分類と学名

シッポゴケ科
 Dicranum japonicum

シッポゴケの分布と自生環境

日本全土、朝鮮、中国、ロシアに分布しており、1日数時間ほど木漏れ日が当たる腐植土上に自生しています。

シッポゴケの特徴と育て方

育てるのに必要な光の強さ

本種はやや光を好む傾向にあるため、室内栽培の場合はカーテン越しの日光が1日数時間程度あたる場所で良く育ちます。光が足らないとヒョロヒョロと徒長してしまいます。

育てるのに適切な気温について

本種は高温にやや弱い傾向があるため、夏場は30度を越さない場所に置く必要があります。また、高温の群れにはかなり弱いので気をつけてください。

育てるのに必要な湿度について

本種は比較的高い空中湿度が必要ですので、涼しい時期は密閉栽培が適しています。夏場は涼しくするか、開放栽培でこまめに霧吹きをします。

生育に適した土質とPh

本種は弱酸性〜中性のやや栄養のある土を好みます。

テラリウムやボトルへの適応度

本種はテラリウムやボトルに対する適応度は高く、強めの白色LED照明で十分に生長します。たはだし、高温の蒸れには弱いため、涼しく保つ工夫が必要です。

苔テラリウム&ボトルの育て方



苔テラリウム&コケボトル|通販で買える販売キットから作り方・育て方や種類紹介