ヒカゲノカズラの育て方と特徴|栽培に必要な環境(光量・気温・湿度)と水槽(テラリウム・ボトル)への適応度



ヒカゲノカズラの育て方と特徴について解説するとともに、栽培に必要な環境(光量・気温・湿度・土質)および水槽(テラリウム)や苔ボトルへの適応度についてもご紹介します。
ヒカゲノカズラ(日陰鬘、日陰蔓、学名:Lycopodium clavatum)は、ヒカゲノカズラ植物門に属する代表的な植物である。蘿(かげ)という別称もある。広義のシダ植物ではあるが、その姿はむしろ巨大なコケを思わせる。引用︰wikipediaヒカゲノカズラ

ヒカゲノカズラの分類と学名

ヒカゲノカズラ科
Lycopodium clavatum L.

ヒカゲノカズラの分布と自生環境

日本全土、朝鮮、中国、南アメリカ、北アメリカに分布しており、空中湿度が高く比較的明るい北側な東側斜面に多く自生しています。

ヒカゲノカズラの特徴と育て方

育てるのに必要な光の強さ

本種は明るい日陰程度の光が必要ですが、強い光は枯れる原因になります。室内では白色LED照明で生長します。

育てるのに適切な気温について

本種は暑さや寒さに強い頑強な種類です。

育てるのに必要な湿度について

本種は比較的高い空中湿度が必要で、乾燥すると枯れてしまいます。室内では密閉環境で育てます。

生育に適した土質とPh

本種は弱酸性〜中性の比較的栄養のある腐葉土を好みます。

テラリウムやボトルへの適応度

本種は密閉環境で育つのでテラリウムやボトルへの適応度は高いですが、発根した部分を土に植える必要があります。

苔テラリウム&ボトルの育て方



苔テラリウム&コケボトル|通販で買える販売キットから作り方・育て方や種類紹介