コウヤノマンネングサの育て方と特徴|栽培に必要な環境(光量・気温・湿度)と水槽(テラリウム・ボトル)への適応度



コウヤノマンネングサの育て方と特徴について解説するとともに、栽培に必要な環境(光量・気温・湿度・土質)および水槽(テラリウム)や苔ボトルへの適応度についてもご紹介します。
コウヤノマンネングサ (Climacium japonicum) は、イヌマゴケ目コウヤノマンネングサ科に属するコケ植物。植物体は小さな木のような形をしている。山地の湿った土壌の上などに生育する。引用︰wikipediaコウヤノマンネングサ

コウヤノマンネングサの分類と学名

コウヤノマンネングサ科
Climacium japonicum

コウヤノマンネングサの分布と自生環境

北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシアに分布しており、やや標高の高い山地の1日1時間ほど木漏れ日があたる腐植土上に自生しています。

コウヤノマンネングサの特徴と育て方

育てるのに必要な光の強さ

本種はそれほど強い光は必要なく、明るい室内や通常の白色LED照明で良く育ちます。

育てるのに適切な気温について

本種は高温に弱い傾向があるため、夏場は30度を超えないような場所で育てます。特に高温の蒸れには弱いので注意が必要です。

育てるのに必要な湿度について

本種は高い空中湿度が必要で、乾くとすぐに葉先が茶色く枯れてしまいます。室内栽培の場合は、基本的には密閉栽培をします。

生育に適した土質とPh

本種は弱酸性〜中性のやや栄養のある土を好みます。

テラリウムやボトルへの適応度

本種は高温にさえ注意すれば強い光も必要なく、テラリウムやボトル栽培との相性がよい種類です。

苔テラリウム&ボトルの育て方



苔テラリウム&コケボトル|通販で買える販売キットから作り方・育て方や種類紹介