ウチワゴケの育て方と特徴|栽培に必要な環境(光量・気温・湿度)と水槽(テラリウム・ボトル)への適応度



ウチワゴケ(シダ植物)の育て方と特徴について解説するとともに、栽培に必要な環境(光量・気温・湿度・土質)および水槽(テラリウム)や苔ボトルへの適応度についてもご紹介します。
ウチワゴケ(Crepidomanes minutum)は、シダ植物門コケシノブ科アオホラゴケ属に属するシダ植物の一つ。ウチワ状の単葉が特徴である。日本本土のこの類では最も普通なもののひとつである。引用︰wikipediaウチワゴケ

ウチワゴケの分類と学名

コキシノブ科
Crepidomanes minutum

ウチワゴケの分布と自生環境

 北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、カンボジア、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、オ-ストラリア、アフリカ、太平洋諸島に分布しており、薄暗い山地の岩上に自生しています。

ウチワゴケの特徴と育て方

育てるのに必要な光の強さ

本種は直射日光や木漏れ日を嫌い、かなり薄暗い環境を好みます。室内栽培では弱い白色LED照明でよく育ちます。

育てるのに適切な気温について

本種は暑さや寒さに強い頑強な種類です。

育てるのに必要な湿度について

本種は高い空中湿度が必要で、乾燥すると葉が乾燥してしまいます。このため、室内では密閉容器で栽培すると良く育ちます。

生育に適した土質とPh

本種は弱酸性〜中性のやや富栄養な土を好みます。

テラリウムやボトルへの適応度

本種は薄暗い密閉環境を好むため、テラリウムやボトル栽培でよく生長します。

苔テラリウム&ボトルの育て方



苔テラリウム&コケボトル|通販で買える販売キットから作り方・育て方や種類紹介